DESIGN PUBLIC

about DESIGN PUBLIC

 
 

INTRO

magazine for select your life

「DESIGN PUBLIC」では、
社会の中で価値が見出されていなかった物事を、
新たな価値としてデザインし、
発信している事例を紹介
していきます。
DESIGN PUBLICを通して、
その事例の根底にある想いが伝わり、
世の中に広がっていくことを願っています。

INFORMATION

 

Archive for 2012

vol.04 コミュニティカフェ パンゲア

地域のことを考えるのに必要な要素とは何か?誰が考える。どこで考える。何を考える。どうやって考える。かつてあった超大陸からその名をとられた1軒のカフェがその問いの答えを模索している。さりげなくNPO・NGOをアピールできるような、小学校区から自転車で来られるような…

vol.03 FLAG

外国人を対象に、大阪のアート&カルチャー情報を発信しているバイリンガル・フリーペーパー「FLAG(フラッグ)」。2009年より季刊としてはじまり、現在で10号が配布されている。発行しているのはデザイナーの後藤哲也さんとダンカンさん。ふたりは、西天満のビルに、クリエイーターのためのシェアオフィスと国際交流をテーマとした…

vol.02 図工ラボ

南海本線七道駅を下車し西へ10分程歩くと、昭和の時代よりおそらく変わっていないであろう住宅街の、さらに奥まった場所に今回取材する先がある。取材先の名前は「図工ラボ」。名前からして何やら楽しげだ。そこは福井守さんと菅野大門さんの2人がdesign office A4というプロダクトデザインユニットとして運営する自身の為のものづくり工房であり…

vol.01 Lux

点字を使ったモノが作れないか…考えついたのはうちわだった。作られたうちわは、白い紙に点が浮かび上がるだけのシンプルなもの。企画や制作には森さんに関わりのある数人が集まり、それぞれが本業としていることの力を出せるプロジェクトとなった。作り上げたプロダクトが他の人にはどう映るのか。展示会“Lux”を京都のホテル アンテルームで企画し…

 

RECENT POSTS

CATEGORIES

ARCHIVES

SEARCH